鹿ボーンブロスの栄養素1

海外でも人気で「スーパースープ」や「飲む美容液」とも言われるボーンブロス。
Naturaleの鹿ボーンブロスの中身を詳しく見ていきましょう!

鹿ボーンブロス1杯分※のカロリーはわずか25kcal

※以下の栄養素はすべて100gあたりです。


そしてたんぱく質は5.3g。その他の栄養素も脂質0.1g炭水化物0.7gと高たんぱく低カロリーなのが分かります。

ボーンブロスは朝のコーヒー1杯の代わりに飲む人が多いので、コーヒーと比べてみましょう。


ブラックコーヒー:8kcal たんぱく質0.2g 脂質0g 炭水化物0.7g


コーヒーはほとんどが水分なので、栄養は無いに等しいですね。カロリーも少ないのですが、その他の栄養素もありません。

他にも朝食時に摂るものとして、牛乳や豆乳はどうでしょう。


牛乳:67kcal たんぱく質3.3g 脂質3.8g 炭水化物4.8g

豆乳:50kcal たんぱく質3.8g 脂質2g 炭水化物3.8g

牛乳や豆乳と比べても、鹿ボーンブロスのたんぱく質の多さが分かると思います。

鹿は究極のオーガニック食品とも言われ、低カロリー高たんぱくも魅力の一つ。
ダイエット中の方や、朝にトレーニングするような方にもお勧め。

朝のボーンブロス習慣を、天然鹿のボーンブロスで始めてみませんか?

次回はもっと細かい栄養素(アミノ酸)の説明をしていきます!なぜ「飲む美容液」なのか、「スーパースープ」と言われるのか、解説できればと思います。

 Naturaleでは、鹿ボーンブロスを食品検査機関へ提出し、検査していただきました。
その結果も公開させていただきますね。

※コーヒー、牛乳、豆乳の栄養成分は、日本食品標準成分表の値を元に計算しております。

コメント